横川尚隆監修プロテイン【THE BUILD WPI】の購入はこちらから!

【知る得する!】大腿四頭筋の働きとは

はじめに

さまざまトレーニングに関与する大腿四頭筋。

部位は知っているけれど具体的にどのような働きをしているかまでは知っている人は少ないのではないでしょうか。

またトレーニングする中で痛みがでてくることもあるかと思います。そんな時に構造を理解しておくことで正しい処置も可能となります。

本日はそんな大腿四頭筋について解説いたします!

大腿四頭筋の働き

大腿四頭筋はその名のとおり、4つの部位に分かれます。

  1. 大腿直筋
  2. 内側広筋
  3. 外側広筋
  4. 中間広筋

大腿直筋

太ももの前面にあり、大体筋膜直筋と縫工筋の間で腸骨から膝まで伸びる筋肉。股関節に関与する筋肉です。

  • 起始
    下前腸骨棘 寛骨臼の上縁
  • 停止
    膝蓋靭帯経由で脛骨粗面もしくは大腿四頭筋腱経由して膝蓋骨

働き

他の大腿四頭筋と共同して膝関節を進展することに加え大腿直筋特有の働きとして股関節の屈曲が挙げら、股関節を屈曲することは膝関節を屈曲することになります。

大腿四頭筋を痛めると膝方向に痛みが走ります特に腰を曲げた時に膝方向に痛みが走る時は大腿直筋に問題がある可能性が高くなります

内側広筋

内側広筋は大腿直筋の内側に位置し、一部は大腿直筋の下に重なって存在します。

  • 起始
    大腿内転筋腱、内側筋間中隔、転子間線付近、粗線内側唇
  • 停止
    膝蓋靭帯を経由して脛骨粗面もしくは大腿四頭筋腱経由して膝蓋骨

働き

内側広筋は他の大腿四頭筋と共同して膝関節の伸展に寄与します。

膝関節の伸展時に内側広筋は他の大腿四頭筋から遅れて最後に収縮する為、自動伸展不全の症状において重要な役割を果たします。

外側広筋

外側広筋は大腿の外側に位置し大腿四頭筋の中で最も大きな筋肉です。

  • 起始
    大腿骨、転子間稜、大転子の前内側縁、粗線外側唇付近、筋間中隔外側部
  • 停止
    膝蓋靭帯経由して脛骨粗面、大腿四頭筋腱経由して膝蓋骨

働き

部の繊維は外側大腿筋間中隔から起始します。したがって外側大腿筋中核に停止する大殿筋の影響を受ける可能性があります。

中間広筋

中間広筋は内側広筋と外側広筋の中間で大腿直筋の深層に位置し、直接触れることはできません。大腿四頭筋の治療では圧倒的に見逃されがちな筋肉です。

  • 起始
    大腿骨骨幹部上方前面および外側面大腿骨骨幹部前面下部
  • 停止
    膝蓋靭帯経由して脛骨粗面もしくは大腿四頭筋腱経由して膝蓋骨

働き

中間広筋は他の大腿四頭筋と共同して膝関節の伸展に関与します

神経支配

大腿四頭筋は大腿神経に神経支配されます。

大腿神経は腰神経の腹側から分枝し大腿四頭筋の他に腸腰筋や縫工筋に問題が起きると大腿四頭筋にも悪影響を与えることがあります。

大腿四頭筋のトリガーポイント

「トリガーポイント」とは機械刺激に対する感受性が高まっている過敏点のことを言います。

大腿四頭筋にトリガーポイントができると膝関節の自由な動きを制限し、特に屈曲を難しくします。

大腿四頭筋のトリガーポイントはどの筋肉に生じたとしても似た部位に関連痛を生じさせます。

したがって一つ筋肉のトリガーポイントを治療しても他のトリガーポイントがのこっていれば症状が解消していないかのような錯覚に陥ります。

大腿四頭筋を治療する場合は各々の筋肉のトリガーポイントを全て探し出し適切に治療することが重要です。

大体直筋のトリガーポイント

大腿直筋のトリガーポイントは、膝の深部に痛みを発生させるケースが最も典型的です。

大腿直筋は大腿四頭筋の中では股関節の動きに関与する唯一の筋肉であるため、腰を曲げたときに膝に痛みが放散すると大腿直筋のトリガーポイントを疑うことになります。

トリガーポイントの原因

大腿直筋は急性・慢性の両方のストレスを受けます。大腿直筋にトリガーポイントができる急性的な原因として急激な過負荷が挙げられ、慢性的な原因としては日常生活様式が挙げられます。

内側広筋のトリガーポイント

内側広筋のトリガーポイントは、大腿内側から膝にかけて痛みを送ります。

トリガーポイントの原因

内側広筋は急性・慢性の両方のストレスを受けます。

内側広筋にトリガーポイントができる急性的な原因として急激な過負荷が挙げられ、慢性的な原因としては日常生活様式が挙げられます。

外側広筋のトリガーポイント

外側広筋のトリガーポイントは、股関節と大腿外側に痛みを送ります。

大腿四頭筋にできるトリガーポイント中で、腰の付近に痛みを送る(腰痛の原因となりかねない)のは外側広筋のトリガーポイントになります。

トリガーポイントの原因

外側広筋は急性・慢性の両方のストレスを受けますが、これらのストレスは、地球上で日常生活を送る場合、避けられないストレスです。

そのため、ほとんどの人の外側広筋には潜在性トリガーポイントを認めます。

中間広筋のトリガーポイント

中間広筋のトリガーポイントから発生する痛みは、大腿の中央部から膝付近に放散します。

中間広筋は大腿直筋の深部に隠れているため、トリガーポイントを直接触れることができません。

したがって、治療法は、トリガーポイント注射ということになります。中間広筋は四方を他の筋肉に囲まれているため小さく見えがちですが、大腿直筋と同じくらいの大きさがあります。

トリガーポイントの原因

中間広筋は慢性的な膝の酷使により、損傷しやすい筋肉です。

スポーツジムやサイクリングで自転車をこぎ過ぎると中間広筋にトリガーポイントができます。

関連情報

初めてやる方へ下半身トレーニングオススメ 5選

下半身トレーニングおすすめ5選(上級者)

背中の筋肉徹底解説

 

プロテインのオススメ情報!

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD MEDIA編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】

横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。

WPIプロテインのメリット

・タンパク質の純度
WPIプロテインはWPCプロテインに比べ、タンパク質の純度が高く、低糖質・低脂質に作られています。THE BUILDもWPIプロテインに分類され、効率よくタンパク質を摂取することができます。
・お腹がゆるくなる方も安心
WPIプロテインは、タンパク質の純度が徹底して高められています。乳糖もほとんど含んでいないことから、お腹を下しやすい体質の方にも飲んでいただけます

WPIプロテインのデメリット

・WPCに比べ比較的 “高価”
WPIプロテインは、WPCにさらにもう一手間かけ、タンパク質の純度高めたのがWPIです。そのため、WPCプロテインに比べ比較的価格が高くなる傾向にあります。

お店で売られている一般的なプロテインは、WPCプロテインが多くタンパク質の純度が変わりますが価格が安いです。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから

 

投稿者プロフィール

THE BUIILD Media 編集部
THE BUIILD Media 編集部
●記事作成
THE BUILD MEDIA編集部

●監修
・横川 尚隆(ヨコカワ ナオタカ)
・パーソナルジムトレーナー
・プロスポーツ選手等

※記事により監修者が異なります。