横川尚隆監修プロテイン【THE BUILD WPI】の購入はこちらから!

【決定版】理想的なプロテインの飲み方とタイミング

はじめに

最近ではコンビニやドラックストアなどでよく見かけるプロテインですが、みなさんはどのタイミングでどのようにしてプロテインを飲んでいますか?

せっかくプロテインを飲むならより効果がでる飲み方をしたいですよね。

今回はプロテインの飲み方や飲むタイミングについてご紹介いたします。

プロテインについて

プロテインってそもそもどういう飲み物なの?

プロテインとはタンパク質を多く含むサプリメントです。

タンパク質は三大栄養素と呼ばれ、細胞の損傷の修復、臓器や皮膚、髪の毛や爪、歯や骨などの体の材料になります。

ンパク質が不足してしまうと、筋肉量の低下や、健康面、美容面でも悪影響が出てきてしまいます。

また、タンパク質の多い食材を意識的に摂っていかなければ1日の必要量を摂取することは難しいため、プロテインを使用することで不足しているタンパク質分を補っていくと良いでしょう。

タンパク質は1日どのくらい摂取すればいい?

タンパク質の1日の摂取量は、厚生労働省が出しているもので成人男性60~65g、成人女性50~55gとされています。

鶏胸肉100gあたりタンパク質が20gなため、成人男性ですと1日あたり約300g、成人女性ですと1日あたり約250gとなります。

朝早くからお肉約80~100gを食べられない人も多いと思います。

また、タンパク質の多い食べ物として卵や豆腐などはありますが、5~7gと意外と少ないのです。

なかなか、毎食タンパク質を意識しないとこの摂取目標は達成できないかつ、それを毎日となると相当な食事へのストレスが考えられます。

そんな時に役に立つのが、飲むだけでこの不足しがちなタンパク質を補助できる『プロテインドリンク』です。

では、そんなプロテインの飲み方とタイミングについてお話ししていきます!

プロテインの飲み方

①プロテイン+牛乳

この飲み方が一番王道な飲み方ではないでしょうか?

牛乳で割ることでプロテインが苦手な方でも比較的飲みやすくなります。

牛乳の種類は低脂肪牛乳や無脂肪牛乳を使用するとより1杯あたりのカロリーも抑えられるためオススメとなります!

②プロテイン(チョコ系)+ブラックコーヒー

海外のプロテインを使用している人も多いのではないでしょうか?

特に海外のチョコ系はとても甘くまた量も多いため、毎回飲むと飽きてしまうと聞きます。

そんな方はブラックコーヒーで割ることで甘みを控えめにでき、ビターチョコ風な味になり、味変が可能となり、飽きずにプロテインを続けることができます!

③プロテイン(ノンフレーバー)+好きなジュース

プロテインはダイエッターやボディーメイクをしている人だけでなく、今ではタンパク質を必要とする全員が飲むため、ご自身の好きな味で飲むのが一番です!

また日によって味を変えたいという声も多く味のないプロテインを好みのジュースで割ることで自分だけの飲みやすいプロテインを作ることができます!

これなら、無理なくむしろ飲みたくなるようなプロテインを作ることができますね!

④プロテイン+少量の水

プロテインが苦手な人の多くは味が薄いとお聞きします。

製品の仕様説明の多くは30gのプロテインに対して水200〜300mlで割ると良いと書いてあります。

粉が玉になってしまうのが嫌で多めに割ってしまってませんか?

150mlの水で割ると比較的濃いめのプロテインを作ることが可能です!

昔のプロテインは混ざりも悪いものが多かったですが、最近出ているものは昔のものと比べ、混ざりやすいものも増えているため、溶けやすいプロテインを見つけると、玉もできずかつ濃い味のプロテインを楽しむことができます!

プロテインの飲むタイミング

①トレーニングをしている方

定番はトレーニング後30分以内です!

最近ではトレーニング前も大切だとされています。トレーニング70分ほど前にプロテインを飲むことで血中のアミノ酸濃度が高い状態でトレーニングすることができるとされています。

ここでの理解は、トレーニング前にしっかりと食事が取れている人はトレーニング後にプロテインを飲む。トレーニング前の食事が間隔が空いてしまった人はトレーニング前にプロテインを飲む。と、考えておくのが良いでしょう!

②トレーニングをしていない方

タンパク質は一気に多く摂取しても吸収効率が悪くなる可能性があり、こまめに摂ることがおすすめです。

朝食でタンパク質が不足してしまう人はプロテインを朝に飲む、昼食から夕食の間隔が空き過ぎてしまう人はその間にプロテインを飲むことで、1日を通してタンパク質が体から不足することがなく、栄養がしっかりと体に反映されていきます!

さいごに

プロテインは不味い、飲みにくいといった昔のプロテインの印象がある方もいるかもしれませんが、現在のプロテインは各会社が商品開発や改善を行い、私たち消費者にとってかなり美味しく、摂取しやすくなっています!

健康のため、筋肉のため、美容のために是非プロテインドリンクを活用していきましょう!

プロテインのオススメ情報!

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD MEDIA編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】

横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。

WPIプロテインのメリット

・タンパク質の純度
WPIプロテインはWPCプロテインに比べ、タンパク質の純度が高く、低糖質・低脂質に作られています。THE BUILDもWPIプロテインに分類され、効率よくタンパク質を摂取することができます。
・お腹がゆるくなる方も安心
WPIプロテインは、タンパク質の純度が徹底して高められています。乳糖もほとんど含んでいないことから、お腹を下しやすい体質の方にも飲んでいただけます

WPIプロテインのデメリット

・WPCに比べ比較的 “高価”
WPIプロテインは、WPCにさらにもう一手間かけ、タンパク質の純度高めたのがWPIです。そのため、WPCプロテインに比べ比較的価格が高くなる傾向にあります。

お店で売られている一般的なプロテインは、WPCプロテインが多くタンパク質の純度が変わりますが価格が安いです。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから

 

投稿者プロフィール

THE BUIILD Media 編集部
●記事作成
THE BUILD MEDIA編集部

●監修
・横川 尚隆(ヨコカワ ナオタカ)
・パーソナルジムトレーナー
・プロスポーツ選手等

※記事により監修者が異なります。