横川尚隆監修WPIプロテイン【THE BUILD】の購入はこちらから!

プロテインは運動しない人こそ飲むべき!プロテインの選び方も紹介

プロテインって体に良さそうなイメージがありますが、運動しない人が飲んでもいいのか。そんなことを疑問に感じたことはありませんか?

実は、プロテインは運動しない人こそ健康作りのために飲むべきで、効率的なタンパク質の摂取や美容効果を期待することができます。

この記事では運動しない人がプロテインを飲むメリットや、プロテインの種類の選び方について、初めての方でもわかりやすく徹底解説していきます!

プロテインを運動しない人が飲むメリットとは?

運動しない人もプロテインをのむことで、お肌や髪の毛の状態を改善したり食欲をコントロールしたりできます。ここでは運動をしない人が飲むメリットについて解説します。

不足しがちなタンパク質を簡単に摂れるから

普通の食事だとタンパク質は不足しがちですが、プロテインを一日一杯飲むことで簡単に1日に必要なタンパク質量の目安を補うことができます。

そもそもプロテインを日本語に直訳するとタンパク質。不足しているタンパク質を補うためのサプリメントです。

タンパク質は全ての人にとって必要不可欠な栄養素。筋肉はもちろん、皮膚、髪の毛、爪、骨、体内の酵素や免疫力に至るまであらゆる箇所に必要です。不足するとこれらの健康状態を保つことができません。

国立健康・栄養研究所の調査では、近年、日本人のタンパク質摂取量が落ち続けています。最近は少し持ち直したとは言え、年々、タンパク質摂取しにくい食環境に変化していると考えられます。

タンパク質を十分に摂取するためにはお肉やお魚をしっかりと食べる必要があります。しかし、毎食お肉やお魚を用意し、調理までしなければいけないのは面倒くさいですよね。

プロテインであれば、水に溶かして飲むだけで手間なく1食分のお肉・お魚で摂る分のタンパク質が摂取できます。

運動しない人でもプロテインを飲むことは、1日に必要なタンパク質量を補い、自分のコンディションを保つことにつながりますので毎日の日課にすることはとてもおすすめです。

お肌や髪の毛の状態改善!美容効果が期待できるから

タンパク質を十分に摂ることでお肌や髪の毛の状態を改善することができます。

筋肉の材料にしかならないと思われがちなタンパク質。
先ほど述べたように全身のあらゆる部分に必要不可欠です。

特に効果を感じやすいのは髪の毛やお肌。
髪の毛やお肌もタンパク質が不可欠な材料で不足すると髪の毛が抜けやすくなったり、細くなったり、肌の状態悪化に繋がってしまいます。


特に、美容意識の高い人や女性の方で厳しめの食事制限をする人の中には、タンパク質摂取量が不足して髪の毛や肌の悩みが続く事があります。そういった人に余計な糖質や脂質を摂らずにタンパク質だけ摂れるプロテインはオススメです。

プロテインはタンパク質を手軽に摂取できることから、美容効果も期待できます。

食欲コントロール!ムダ食いを防ぎ体重管理

タンパク質は炭水化物や脂質と比べて食欲を抑える効果があります。そのため、ムダ食いを防いで体重管理がしやすくなると考えられます。「プロテイン=太る」という考え方は必ずしも正しいわけではありません。

タンパク質を十分な量摂取することで食欲を抑えるホルモンであるレプチンなどが多く分泌。食欲を抑えることができます。

ついついおやつを食べすぎてしまう、ご飯を食べ過ぎてしまうという人は食前にプロテインを一杯飲んだり、おやつの時間にプロテインを一杯摂ることはとても効果的ですので試してみましょう。

プロテインを運動しないで飲んだら太る?プロテインの疑問

まだまだトレーニングをしていない人にはなじみがないプロテイン。購入する前に気になること、確認したいことは沢山ありますよね。ここではプロテインについての代表的な疑問について詳しく解説します。

プロテインを運動しないで飲んでも太らないの?

結論としては太る可能性はありますが、太らないことが多いです。

確かにプロテイン自体にもカロリーは含まれており、本メディア運営元が販売している「THE BUILD WPIプロテイン」一食あたり110kcal含まれています。

それゆえに今までの食事を一切何も変えずに飲んだら体重は増える可能性が高いでしょう。しかし、タンパク質の食欲抑制作用から今まで食べていたムダなおやつや、お米などを食べなくてもお腹が満たされることが多くなります。

もしそれでも太ることが心配であれば、最初からプロテインで摂取する分のカロリーを計算しておきましょう。
おやつをプロテインに置き換えるか、一日の中でお米を70g程度減らすことで同じ程度の摂取カロリーにすることが可能です。

プロテインは飲むだけで痩せられるの?

結論として、飲むだけで痩せることはできません。

痩せるためには消費するカロリーを摂取するカロリーよりも大きくしなければいけません。
プロテインを飲むだけでは消費するカロリーは大きくすることはできません。前述にもある通り、むしろ飲むことでカロリーを摂取してしまいます。


もちろん先ほど話した食欲抑制作用から一日全体の摂取カロリーは増えにくいのですが、痩せるからと言ってプロテインを “過剰摂取すると” 体重はむしろ増加してしまうでしょう。

プロテイン飲むタイミングはこちらの記事を参考にしてみてください。

【決定版】理想的なプロテインの飲み方とタイミング

プロテインは飲むだけで筋肉がつくの?

プロテインは飲むだけで筋肉をつけることはできません。

筋肉を増やすためには筋トレをするなど、筋肉に刺激を入れる必要があります。刺激なしにタンパク質を多く摂っても筋肉量を増やすことはできません。

タンパク質を適量摂ることで運動の効果を最大限引き出すことができます。運動習慣がない人であればハードな筋トレをせずとも軽い運動で筋肉を増やすこともできますから、効率的に筋肉を増やすためにもプロテインを摂ることをオススメします。

ソイ?ホエイ?運動しない人のプロテインの選び方

プロテイン商品が沢山ありすぎてどれを選べばいいのかわからないと困っている方も多いと思います。選ぶべきポイントは原料と製法について。ここでは選び方について詳しく解説します。

ソイ?ホエイ?運動しない人のプロテインはどちらが良い?

結論から言うと、どちらでも良いです。味と価格で選びましょう。

市場に出回っているプロテインの原材料は大きくホエイとソイに分けられます。ホエイは牛乳から作られたプロテインで、ソイは大豆から作られたプロテインです。

筋肉に対してよりよい効果を与えるのは、牛乳から作られたホエイプロテイン。ソイと比較してタンパク質を構成しているアミノ酸が筋肉を増やすのに良い構成となっています。

これだけ聞くと、ホエイの方が良さそうに聞こえますが、それはあくまでもマニアの中での話健康的な体を保つ目的の人の用途ではどちらでも大差はありません。

それよりも大切な事は継続すること。
プロテインは継続することで体のコンディションを保ってくれます。


継続するためには価格と味がとても大切。高すぎると継続が難しいですし、美味しくなくても続けることができません。

ですから、自分が美味しいと思う味で納得できる価格の商品を購入することが一番大切です。

WPCとWPI。運動しない人はどちらを選ぶべき?

結論から言うとWPIがオススメです。

プロテインにはWPCとWPIという製法の違いがあります。

WPCは牛乳の乳清の部分を濃縮し、乾燥させて粉末にする製法。最も市場に出回っており、安価であるという特徴があります。

WPIはWPCからさらに、タンパク質以外の物を分離させる製法。WPCよりも高価ですが、糖質や脂質・乳糖などが分離され、タンパク質含有率が高いことが特徴です。

乳糖不耐症でお腹を下してしまう人はWPCだとお腹を下してしまう可能性があります。そういった方にはWPIがおすすめです。

さらにWPIはWPCと比較して糖質や脂質が含まれていないため、余計なカロリーを摂ることがありません。ですから価格は高くなりますがWPIがおすすめになります。

【永久保存版】WPIプロテインのメリットとデメリット


他のおすすめ記事

【飲んでも大丈夫?!】子供のプロテインの正しい・効果的な飲み方

プロテインは運動しない人こそ飲むべき!プロテインの選び方も紹介

【決定版】理想的なプロテインの飲み方とタイミング


WPIプロテインのオススメ情報!

-プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!-

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD Media編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから