横川尚隆監修WPIプロテイン【THE BUILD】の購入はこちらから!

トレーニングやダイエットを始める時にはパーソナルトレーナーはつけた方がいいの?

はじめに

パーソナルトレーナーをつけてトレーニングした方がいいの?

「パーソナルトレーナーってどのように選べばいいの?」

このような疑問を持っていませんか。

ほとんどの人がパーソナルトレーナーはつけた方がいいでしょう。

この記事では、パーソナルトレーナーをつけた方がいい理由やパーソナルトレーナーの選び方などパーソナルトレーナーをつける時に役立つ紹介を紹介します。

パーソナルトレーナーをつけた方がいい理由5選

パーソナルトレーナーはつけた方がいいです

その理由は5つあります。それぞれ詳しく紹介するため、参考にしてください。

 

➀目的にあったトレーニングが可能

パーソナルトレーナーをつけると、自分の目的にあったトレーニングができます。

筋肉を大きくするためのトレーニングと痩せるためのトレーニングは、トレーニング方法が異なります。

また、一人一人によって年齢や基礎疾患などの違いがあり、同じ目的でもトレーニングメニューが変わる場合もあるでしょう。

そのため、一般の方が本当に自分の目的に合ったトレーニングをするのは難しいです。

②サボりづらくなる

パーソナルトレーナーをつけると、簡単にはサボれなくなります。

ダイエットやボディメイクで失敗する方のほとんどが、途中でサボってしまいます。

サボってしまう理由は、簡単に予定を変更できる環境になっているためです。

パーソナルトレーナーをつけると互いの予定を合わせて予約をするため、簡単には休めません。

そのため、自然とサボらずに目的に合ったトレーニングを継続できるでしょう。

③時間の節約になる

パーソナルトレーナーをつけると、時間の節約ができます。

目的を達成する場合、自分でトレーニング方法や栄養学などについて学ばないといけません。

例えば「スクワット」というトレーニングを学ぶ場合、バイオメカニクスや生理学・解剖学の知識が必要になります。

この知識を手に入れるためには、かなりの期間学ぶ必要があります。

そのため、必要な知識を既に手に入れているパーソナルトレーナーをつけると、時間の節約ができるでしょう。

④フォームの確認をしてくれる

実際に正しいトレーニングフォームをしているか自分で確認するのは、難しいです。

間違ったトレーニングフォームでトレーニングすると、正しい効果を得られません。

また、大きなケガに繋がる場合も多いです。

パーソナルトレーナーはさまざまなトレーニングの正しいフォームを理解しているため、間違ったフォームで実施しているとすぐに修正してくれます。

⑤追い込んでトレーニングできる

パーソナルトレーナーをつけると、追い込んでトレーニングができます。

1人でトレーニングをしていると、限界の手前で休んでしまう場合が多いです。

しかし、パーソナルトレーナーが適切な負荷・回数を設定してくれるため、本当の限界まで追い込んでトレーニングできます。

追い込んでトレーニングすると、短期間で効果を得やすいです。

パーソナルトレーナーをつけるデメリット

 

パーソナルトレーナーをつけることは、メリットばかりではなくデメリットもあります。

大きなデメリットは、料金がフィットネスクラブと比べると高いため金銭面な負担が増えます。

しかし、実際にパーソナルトレーナーと同等な知識を得るためには自分の時間を使って学ぶ必要があります。

そのため、自分の時間を使うよりもパーソナルトレーナーをつけた方が時間の節約になるという考え方もあるでしょう。

パーソナルトレーナーの選び方

パーソナルトレーナーと一概にいっても、さまざまなパーソナルトレーナーがいます。

そのため、自分の選んだパーソナルトレーナーが自分の目的に合わないケースも多いです。

これから紹介するパーソナルトレーナーの選び方を参考に、自分にあったパーソナルトレーナーを見つけましょう。

相性

パーソナルトレーナーとの相性が一番大事です。

「なんとなくこの人と合わない」と感じたことがある人も多いでしょう。

パーソナルトレーナーも人であるため、どれだけ優れたパーソナルトレーナーでも合う合わないが存在します。

自分に合わないパーソナルトレーナーと一緒にトレーニングをしても、苦痛なはずです。

そのため、まずは体験トレーニングをしてみて相性を確認するのがおすすめです。

コミュニケーション能力

パーソナルトレーナーのコミュニケーション能力も大事な要素です。

説明している内容がよく分からないと、トレーニングする目的が理解できず効果も減ってしまいます。

また、話しづらいとストレスを感じてしまい、トレーニングをするのが嫌になるリスクもあります。

そのため、コミュニケーション能力が高いパーソナルトレーナーを選ぶようにしましょう。

実績

パーソナルトレーナーを選ぶ際は、実績を確認するようにしましょう。

具体的には今まで何人の方に指導してきたか確認してください。

1人1人に合ったトレーニングをするためには、経験が必要です。

多くの方に指導してきたパーソナルトレーナーには、経験による知識が蓄積されているでしょう。

取得資格

資格を取得しているかで、パーソナルトレーナーの能力を確認できます。

パーソナルトレーナーは資格が取得しなくてもできる仕事であるため、無資格でパーソナルトレーナーとして活動している方も多いです。

もちろん資格がなくても、正しいトレーニングを指導できる優秀なパーソナルトレーナーはいます。

しかし、一般の方がどの程度の能力を持ったパーソナルトレーナーか判断するのは難しいはずです。

資格取得者は、資格発行団体が能力を認めています。そのため、パーソナルトレーナーの能力が分からない場合は、資格を取得しているかどうかで選ぶのもおすすめです。

NSCSA-CPTやNSCA-CSCS、JATI-ATなどの資格は筆記試験に合格しないと取得できないため、ある程度の知識がある証拠になります。

パーソナルトレーナーの取得している資格を調べて、難易度を確認するとよいでしょう。

パーソナルトレーナーを絶対につけた方がいい人

パーソナルトレーナーをつけた方がいい人を紹介します。

これから紹介する内容に当てはまる人は、パーソナルトレーナーをつけましょう。

トレーニング・栄養の知識が少ない人

トレーニング・栄養の知識が少ないと正しいトレーニングができないため、パーソナルトレーナーをつけましょう。

トレーニング・栄養の知識が少ないとその知識を得るために学ばないといけません。

パーソナルトレーナーと同等の知識を得るために、かなりの時間を使い勉強する必要があります。

その時間を使うよりは、パーソナルトレーナーをつけた方が時間の節約になるでしょう。

短期間で結果を出したい人

短期間で結果を出すためには、知識があるトレーナーのサポートが必要です。

長い期間で達成する目標であれば、多少効果のあるトレーニングを継続すれば可能です。

しかし、短期間で効果を出すためには、高い効果のあるトレーニングを実施しないといけません。

そのため、短期間で効果を出すには知識のあるパーソナルトレーナーをつける必要があります。

サボり癖がある人

サボり癖がある人は、どうしても一人だけでトレーニングするのは難しいです。

今までトレーニングをサボった経験がある方は、一人でトレーニングをするからサボってしまったはずです。

前述したようにパーソナルトレーナーと一緒にトレーニングすると、自分の都合ではサボれないため継続しやすくなります。

そのため、トレーニングを継続してできるようになるでしょう。

パーソナルトレーナーをつけない方がいい人

パーソナルトレーナーをつけた方がいい人がいる反面、パーソナルトレーナーをつけない方がいい人も存在します。

これから紹介する人は、パーソナルトレーナーをつけない方がいいでしょう。

トレーニング・栄養の知識に自信がある人

トレーニング・栄養の知識に自信のある人は、パーソナルトレーナーはつける必要はありません。

なぜなら、パーソナルトレーナーと同等な知識を持っているため、十分に効果的なトレーニングができるからです。

自分のペースでトレーニングをしたい人

自分のペースでトレーニングしたい人は、パーソナルトレーナーをつけるのはおすすめできません。

パーソナルトレーナーをつけると、一定のペースでトレーニングをしないといけません。

そのため、自分のペースでトレーニングできずにストレスを感じてしまうでしょう。

金銭面的に厳しい人

パーソナルトレーナーをつけるには、どうしてもお金がかかります。

具体的は、1回あたり1時間6,000円~10,000円程度の費用が必要です。

1週間に1~2回程度通う必要があるため、1ヵ月20,000円~80,000円程度かかります。

かなりの額になるため、金銭面的に支払う余裕がない方にはおすすめできません。

ダイエットも筋肥大もタンパク質が重要!

ダイエットも筋肥大も、タンパク質を十分に摂取するのが大切です。

ダイエットをする際はどれだけ筋肉を落とさないようにするか、筋肥大する際はどれだけ筋肉を効率よく大きくするか大事です。

筋肉を落とさないようにするのも、筋肉を肥大させるのも十分なタンパク質の量を摂取する必要があります。

タンパク質を普段の食事から十分に摂取するのは難しいため、補食としてプロテインを摂取するのがおすすめです。

プロテインを飲むとお腹が緩くなってしまう方は、WPIプロテインがよいでしょう。

【永久保存版】WPIプロテインのメリットとデメリット

結果を出すにはパーソナルトレーナーをつけよう!

パーソナルトレーナーは、基本的につけた方が結果が出やすいです。

パーソナルトレーナーをつけると、正しいフォームの確認や本当に自分にあったトレーニングができます。

ぜひ、パーソナルトレーナーをつけて自分の目的を達成してください。

プロテインのオススメ情報!

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD MEDIA編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】

横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。

WPIプロテインのメリット

・タンパク質の純度
WPIプロテインはWPCプロテインに比べ、タンパク質の純度が高く、低糖質・低脂質に作られています。THE BUILDもWPIプロテインに分類され、効率よくタンパク質を摂取することができます。
・お腹がゆるくなる方も安心
WPIプロテインは、タンパク質の純度が徹底して高められています。乳糖もほとんど含んでいないことから、お腹を下しやすい体質の方にも飲んでいただけます

WPIプロテインのデメリット

・WPCに比べ比較的 “高価”
WPIプロテインは、WPCにさらにもう一手間かけ、タンパク質の純度高めたのがWPIです。そのため、WPCプロテインに比べ比較的価格が高くなる傾向にあります。

お店で売られている一般的なプロテインは、WPCプロテインが多くタンパク質の純度が変わりますが価格が安いです。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから