横川尚隆監修プロテイン【THE BUILD WPI】の購入はこちらから!

ジムトレーナーがオススメする自宅トレーニングで購入する道具TOP3(男性編)

はじめに

ジムに行くよりも自宅でトレーニングしたいという方は多いのではないでしょうか?

本日はそんなあなたにおすすめの自宅で使用するのに適したトレーニング道具をご紹介いたします。

オススメの自宅トレーニング道具

可変式ダンベル

価格

3000円〜50000円程度

使い方・特徴

プレート式、ブロック式、ダイヤル調整式など様々なタイプがありそれぞれ初心者用から上級者用まであるので価格も幅広いです。

プレート式

最も重量調整が細かく設定できますがその為には沢山の種類のプレートが必要な為、置いておくスペースが必要となります。又、調整に時間がかかります。

上級者本格家トレ向き。

ブロック式

重量調整も素早く簡単に行える上、省スペース保管も可能なので非常に扱いやすいダンベルです。ダンベル両端がフラットな為オンザニーが可能となり高重量を扱うダンベルプレスやショルダープレスに最適です。ダンベルの中に1kgの杭を二本入れられる物が多いので比較的細かい重量設定ができますがプレート式程ではありません。

形状上、フレンチプレスやプルオーバーなど一部行えない種目が存在します。

ダイヤル調整式

ダンベルの重量設定が細かく行える商品が少ないのは欠点ですがそれを除くと上記二つのいいとこ取りをしたダンベルです。

オンザニー、豊富な種目数、重量調整のし易さ、省スペース保管など汎用性が一番高いです。

おすすめ種目

ダンベルベントオーバーロウ


※写真はバーベルベントオーバーロウ

鍛えられる部位:背中

期待できる効果:姿勢矯正、代謝向上、全身の筋力向上

サイドレイズ

鍛えられる部位:三角筋中部

期待できる効果:逆三角形の形成、大きい肩の形成

アームカール

鍛えられる部位:上腕二頭筋(力こぶ)

期待できる効果:大きい力こぶの形成

 

アジャスタブルベンチ

価格

7000円〜15000円程度

特徴

背もたれの角度を変更できるベンチ台。コンパクトに折りたためる物もあり収納にも便利。

使い方・特徴

背もたれの角度を変更できるベンチ台。コンパクトに折りたためる物もあり収納にも便利です。角度を変えられるので一台あれば幅広い種目に対応できます。

自重トレにはもちろんダンベルとの相性は非常に良く、高重量を扱う本格自宅トレーニーにはとても優秀です。

おすすめ種目

レッグレイズ

鍛えられる部位:腹筋

期待できる効果:下腹部の引き締め、強化

ナロープッシュアップ

鍛えられる部位:上腕三頭筋(二の腕)

期待できる効果:腕を太くする、腕をスッキリさせる

ダンベル組み合わせ編

ダンベルプレス

鍛えられる部位:胸

期待できる効果:大きな大胸筋の形成

ダンベルロウ

鍛えられる部位:背中

期待できる効果:背中の筋肉の厚み形成とゴツゴツした感じを出せる

アブローラー

価格

2000円前後

使い方・特徴

アブローラーは腹筋のトレーニングで最も高い筋肥大効果を得る事ができる種目の一つです。

バリエーションはほとんど無く腹筋を使いローラーを転がすのみです。

シンプルな器具ですが扱いが難しく比較的上級者向けですが安価で効果が高いので、コストパフォーマンスは非常に良いです。初めは膝付きから練習するのがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

それぞれの器具・トレーニングによって狙える部位が違いますし、特徴がことなりますのでぜひ効率的にトレーニングできるように参考にしてみてください。

また、道具を使わない自重トレーニングもありますのでこちらもぜひ参考にしてみてください。

https://the-build.online/training/hometrainingwithouttools-ometrainingwithouttools-man/

初心者の方に関してはケガがこわいので、最初はインストラクターなどに正しいやり方を教わってからやる方がいいかもしれません。

ジムに行く時間がない方やジムに行くのはちょっとハードルが高いという方もご自宅であれば気軽にトレーニングを始められると思いますので、ぜひ健康的な体を手に入れましょう!

プロテインのオススメ情報!

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD MEDIA編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】

横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。

WPIプロテインのメリット

・タンパク質の純度
WPIプロテインはWPCプロテインに比べ、タンパク質の純度が高く、低糖質・低脂質に作られています。THE BUILDもWPIプロテインに分類され、効率よくタンパク質を摂取することができます。
・お腹がゆるくなる方も安心
WPIプロテインは、タンパク質の純度が徹底して高められています。乳糖もほとんど含んでいないことから、お腹を下しやすい体質の方にも飲んでいただけます

WPIプロテインのデメリット

・WPCに比べ比較的 “高価”
WPIプロテインは、WPCにさらにもう一手間かけ、タンパク質の純度高めたのがWPIです。そのため、WPCプロテインに比べ比較的価格が高くなる傾向にあります。

お店で売られている一般的なプロテインは、WPCプロテインが多くタンパク質の純度が変わりますが価格が安いです。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから

 

投稿者プロフィール

THE BUILD Media 編集部
THE BUILD Media 編集部
●記事作成
THE BUILD MEDIA編集部

●監修
・横川 尚隆(ヨコカワ ナオタカ)
・パーソナルジムトレーナー
・プロスポーツ選手等

※記事により監修者が異なります。