横川尚隆監修プロテイン【THE BUILD WPI】の購入はこちらから!

【スクワット】ボディビル日本王者「横川尚隆」のガチトレーニング

はじめに

ボディビル日本王者になった横川尚隆氏のガチトレーニングをやり方を含めて徹底解説いたします!

本日は下半身のトレーニングでスクワットについてご紹介します。

一般的なスクワットとは違い、大腿四頭筋を意識したトレーニング方法となります。

YouTubeでも動画で公開しておりますのでテキストと合わせて参考にしてみてください!

王者のベンチプレス

①姿勢

足幅は広めにしてつま先は約45度

※膝の向きもつま先と同じ方向に

重心は足の外側に

股関節と膝を緩める

※椅子に座るときのように

バーのを担ぐ位置はローバーで担ぐ

僧帽筋の上の位置ではなく、僧帽筋の下で担いで行ってください。

下ろす位置はハーフスクワットくらいの高さで

※ハムストリングスやお尻ではなく大腿四頭筋を刺激したいため

 

②トレーニング時のポイント

バーを上げた時も膝と股関節は緩めたまま完全に伸ばしきらない

※足の外側に常に重さを感じるイメージで

上げ下げは同じスピードで行う(2~3秒)

※なるべく時間をかけて3秒くらいで行ってほしい。
※はやくやってしまう人が多いので筋肥大を狙うならテンポはゆっくり!

最大のポイントはどの重量でもレップ数でも全く同じ動き、テンポでやることが重要!

①始める位置

②最下点

③セット数とインターバル

セット数

最低でも3セット。できれば4セット。

インターバル

インターバルは3分以上はとらないように。

レップ数

レップ数は8回以上。

※横川氏は4~6回程度で1回の時もある。

※人によってやり方は異なるので色々試してみて自分にあったセット数の組み方をみつけてください。

まとめ

  1. 姿勢
    ・足幅は広めにしてつま先は約45度
    ・重心は足の外側に
    ・股関節と膝を緩める
    ・バーのを担ぐ位置はローバーで担ぐ
    ・下ろす位置はハーフスクワットくらいの高さで
  2. トレーニング時のポイント
    ・バーを上げた時も膝と股関節は緩めたまま完全に伸ばしきらない
    ・胸郭を上に上げてバーを持つ
  3. セット数とインターバル
    セット数    最低でも3セット。できれば4セット。
    インターバル  インターバルは3分以上はとらないように。

    ※一般的には3分くらいとってもいいです。
    レップ数    8回以上。

なお横川氏が大会に出ていたときはこのやり方で240㎏の重量でやっていたそうです!

また下記より動画も見れますのでぜひ参考にしてみてください!

たんぱく質を効率よく摂取!プロテインのオススメ情報!

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD MEDIA編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】

横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。

WPIプロテインのメリット

・タンパク質の純度
WPIプロテインはWPCプロテインに比べ、タンパク質の純度が高く、低糖質・低脂質に作られています。THE BUILDもWPIプロテインに分類され、効率よくタンパク質を摂取することができます。
・お腹がゆるくなる方も安心
WPIプロテインは、タンパク質の純度が徹底して高められています。乳糖もほとんど含んでいないことから、お腹を下しやすい体質の方にも飲んでいただけます

WPIプロテインのデメリット

・WPCに比べ比較的 “高価”
WPIプロテインは、WPCにさらにもう一手間かけ、タンパク質の純度高めたのがWPIです。そのため、WPCプロテインに比べ比較的価格が高くなる傾向にあります。

お店で売られている一般的なプロテインは、WPCプロテインが多くタンパク質の純度が変わりますが価格が安いです。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから

 

投稿者プロフィール

THE BUILD Media 編集部
THE BUILD Media 編集部
●記事作成
THE BUILD MEDIA編集部

●監修
・横川 尚隆(ヨコカワ ナオタカ)
・パーソナルジムトレーナー
・プロスポーツ選手等

※記事により監修者が異なります。