横川尚隆監修WPIプロテイン【THE BUILD】の購入はこちらから!

【横川尚隆実践】1時間で終わる!最強時短胸トレメニュー!

はじめに

JBBFボディビル選手権で優勝し、さまざまなメディアで活躍する横川尚隆さんが実際に行っている時短胸トレ」を知りたい方も多いでしょう。

忙しい社会人の方は、長い時間ジムでトレーニングするのは難しいはずです。

しかし、できるなら十分な筋トレをしてかっこいい胸板を手に入れたいと考えているでしょう。

この記事では、横川尚隆さんが実践している「1時間で終わる胸トレ」を詳しく解説します。

ぜひ最後まで読んで、カッコいい胸板を手に入れる方法を知りましょう。

動画で見たい方は、YouTubeでも解説しているため見てみてください。

胸トレの種目数・セット数

横川尚隆さんが胸トレをする時の種目数は、3種目しかありません。

しかし、それぞれの種目を6セット行うため、合計18セット分の負荷を胸の筋肉に与えます。

どこのジムにでもある器具を使っているため、誰でも真似できるはずです。

横川尚隆実践!胸トレメニュー

横川尚隆さんが実践する胸トレメニューは、以下の通りです。

  1. ベンチプレス
  2. インクラインベンチプレス
  3. ペックフライ

➀ベンチプレス

胸トレの1つ目は、ベンチプレスです。

ベンチプレスは、大胸筋を鍛えられるトレーニングです。

胸のボリュームを出すために、必ず行いましょう。

セットごとの重量

  • 1セット目:115kg 6回
  • 2セット目:115kg 5回
  • 3セット目:120kg 4回
  • 4セット目:120kg 3回
  • 5セット目:125kg 2回
  • 6セット目:ドロップセット 【125kg】2回 【100kg】5回

②インクラインベンチプレス

胸トレの2つ目は、インクラインベンチプレスです。

インクラインベンチプレスは、ベンチ台の背もたれを斜めにし座った状態で行うベンチプレスをいいます。

大胸筋の上側をメインで鍛えられるため、上に引きあがった胸板にするには必須のトレーニングです。

セットごとの重量

  • 1セット目:100kg 6回
  • 2セット目:100kg 5回
  • 3セット目:100kg 4回
  • 4セット目:110kg 2回
  • 5セット目:110kg 2回
  • 6セット目:ドロップセット 【110kg】2回 【80kg】5回

③ペックフライ

筋トレの3つ目は、ペックフライです。

専門のマシンを使ってできるトレーニングであるため、専門のマシンがジムにあるか不安に感じる方も多いでしょう。

しかし、ペックフライができるマシンは多くのジムに置いてあるため、安心してください。

全ての可動域で限界まで行った後に、胸の前だけの狭い可動域で行いましょう。

セットごとの重量

重量は、以下の回数ができる重さにしましょう。

  • 1セット目:12回【全可動域】→5回【狭く】
  • 2セット目:12回【全可動域】→5回【狭く】
  • 3セット目:8回【全可動域】→5回【狭く】
  • 4セット目:7回【全可動域】→5回【狭く】
  • 5セット目:5回【全可動域】→5回【狭く】
  • 6セット目:ドロップセット 5回【全可動域】→5回【狭く】
    5回【全可動域】→5回【狭く】※重さを軽くして

胸トレメニューをする際の注意点

横川尚隆さんが実際に胸トレをしている重量は、かなり重いです。

一般の方がすぐにこの重さで胸トレをすると、ケガをするリスクが高いです。

そのため、回数に合った重さに調整して行うようにしましょう。

また、インターバルは2分~2分30秒程度にしましょう。

まとめ

  1. 横川尚隆実践している胸トレは、3種目6セットずつの合計18セット
  2. 具体的なメニューは以下の通り
    ・ベンチプレス
    ・インクラインベンチプレス
    ・ペックフライ
  3. 自分に合った重量で行う
  4. インターバルは2分~2分30秒

このトレーニングは1時間程度で終わるため、忙しい社会人の方でも十分に胸の筋肉を追い込めます

下記の動画でも詳しく解説しているため、ぜひ見てみてください。

プロテインのオススメ情報!

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD MEDIA編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】

横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。

WPIプロテインのメリット

・タンパク質の純度
WPIプロテインはWPCプロテインに比べ、タンパク質の純度が高く、低糖質・低脂質に作られています。THE BUILDもWPIプロテインに分類され、効率よくタンパク質を摂取することができます。
・お腹がゆるくなる方も安心
WPIプロテインは、タンパク質の純度が徹底して高められています。乳糖もほとんど含んでいないことから、お腹を下しやすい体質の方にも飲んでいただけます

WPIプロテインのデメリット

・WPCに比べ比較的 “高価”
WPIプロテインは、WPCにさらにもう一手間かけ、タンパク質の純度高めたのがWPIです。そのため、WPCプロテインに比べ比較的価格が高くなる傾向にあります。

お店で売られている一般的なプロテインは、WPCプロテインが多くタンパク質の純度が変わりますが価格が安いです。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから