横川尚隆監修プロテイン【THE BUILD WPI】の購入はこちらから!

ローファットダイエットってなんだろう?

ローファットダイエットとは

脂質の摂取を抑えた食事方法です。

脂質の摂取量を減らすことでトータルの摂取カロリーが減り、身体を絞ることができます。

また、体重が緩やかに減少していくのでリバウンドしにくいのが特徴です。

メリット

長期間継続でき、体への負担が少ない

脂質を控える減量方法の為、炭水化物抜きによるストレスがないため、心理的な負担が少なく継続しやすい。また、急激なダイエットで体調を崩す事もありません。

リバウンドしにくい

体重が減ったとしても筋肉量が減ってしまうと、代謝も下がり結果としてリバウンドしやすくなってしまいますが、体のエネルギー源となる糖質がしっかりと摂取できるため筋肉を減らさずに減量できます。

疲れを感じにくい

糖質制限ダイエットでは糖質の摂取量が少なすぎると、何となく疲れやすかったり力が出なかったりする人も多いですが、糖質を補うことができるローファットダイエットであれば、疲れを感じずらく糖質を主に使う筋トレでも、十分にパワーを発揮することが可能です。

デメリット

短期的に効果が得られにくい

糖質制限に比べてると緩やかに痩せていきます。

糖質制限では糖質の摂取量が減るため、体内に蓄積されている糖質が排出されたり、水分も一緒に排出されるためむくみが取れたり、体重が減ったりと効果が実感されやすいです。

ローファットダイエットでは、筋肉量を落とさずに脂肪だけを減らしていくため、時間がかかってしまいます。

ホルモンバランスの乱れに注意

脂質は髪や肌の潤いを保つのに必要な栄養素です。脂質を極端に制限してしまうと、肌荒れや乾燥はもちろんホルモンバランスの乱れにより生理不順や自律神経失調症などに繋がってしまいます。

自律神経の乱れにより食欲の増進やむくみやすい身体、痩せにくい身体を作る原因の1つになります。

また、脂質に含まれる脂肪酸は大腸を刺激する作用がありますので便秘にもなりやすくなります。

脂質を減らし過ぎないようにすることが大切です。

どんな食材がいいの?

おすすめ食材

  • 鶏胸肉やささみ
  • ヒレ肉など脂質の少ない赤身のお肉
  • 貝類、エビ、イカ、タコ、マグロ、カツオなど脂身の少ない魚類
  • ノンオイルツナ缶など
  • さつまいも
  • そば
  • 玄米
  • 果物や和菓子(低脂質高糖質)

控えたい食材

  • バラ肉
  • チーズ
  • パン
  • 洋菓子
  • ジャンクフード
  • 揚げ物など

※高脂質食品

良質な脂質

  • ナッツ類
  • アボカド
  • オリーブオイル
  • MCTオイル
  • ココナッツオイル
  • 魚類

これらの脂質は血中のコレステロール値を下げ善玉コレステロールを増やし、代謝を高めてくれる働きがあります。

まとめ

短期集中ダイエットとは異なり、脂質だけを減らすため体重はゆっくりと減っていきますが、筋肉量を落とさず、リバウンドしにくい身体作りに向いているお食事方法です。

健康のために食事に気を遣うことは今後皆さんにとってプラスになると思いますので、ぜひ試してみてください。

尚、三大栄養素についても知っておくとバランスよく栄養を体に取り入れられると思います。

食事の基本

極端に脂質を制限してしまうと身体にも悪影響になりますので、良質な脂質は摂りながら健康的にダイエットしていきましょう!

投稿者プロフィール

THE BUILD Media 編集部
THE BUILD Media 編集部
●記事作成
THE BUILD MEDIA編集部

●監修
・横川 尚隆(ヨコカワ ナオタカ)
・パーソナルジムトレーナー
・プロスポーツ選手等

※記事により監修者が異なります。