横川尚隆監修プロテイン【THE BUILD WPI】の購入はこちらから!

【ジムトレーナーおすすめ】コンビニで買える高たんぱく質商品

はじめに

トレーニングへダイエットを続けているとより効率よく体を変えていくために食事も気にするようになると思います。

本日はどこにでもあるコンビニで手軽に買える高たんぱく質商品を紹介します!

ぜひ知っておいていただき、コンビニ食を上手に使って健康的な体を目指しましょう。

知っていると便利!高タンパクコンビニ食!

今では言わずと知れたダイエットやトレーニングで欠かせない栄養素・タンパク質。

分かってはいても仕事や飲み会など日々の生活の中で、たくさんのタンパク質を摂るのは簡単ではありません。

毎日自炊でささみを作って食べています!という人はほとんどいないでしょう。

しかしながら最近のダイエットブームにより、コンビニでも様々な高タンパク商品があるのはご存知ですか?

今回はすぐ買えるどこにでもある調理不要なコンビニでオススメの高タンパク商品を紹介していきます!

おすすめ商品!

※価格、カロリー、タンパク質は各コンビニの製品のおおよその平均です。

サラダチキン

最も代表的で有名な高タンパク商品です。

味も販売初期に比べかなりバリエーションも増え、どのコンビニでも買えます。

  • 価格 200〜250円
  • カロリー 100〜120kcal
  • タンパク質 20〜25g

オイコス

ギリシャヨーグルトをベースに味のバリエーション豊富なヨーグルトです。

時間が取りづらい朝や食後のデザートに最適な商品です。

最大の強みは脂質が0であり他のヨーグルトより低いカロリーでより高タンパクな事です。

ストロベリーやブルーベリーなど甘い味のものと砂糖不使用のものがあるので、自分のダイエットにあった方を選択するといいでしょう。

  • 価格 160円前後
  • カロリー 70〜90kcal
  • タンパク質 10〜12g

プロテインドリンク(ゼリー)

粉末を自分でシェイクするプロテインではなくコンビニで売られているものは既に完成されており非常に便利です。プロテインシェイカーはかさばるので荷物が多い人には圧倒的にこちらの方がオススメです。

プロテインなので高タンパクであることはもちろん脂質も0です。

また、やや糖質が入っている製品が多く飲みやすさや、トレーニング前の栄養補給などを想定して作られている様です。

ドリンクタイプとゼリータイプがあるのでお好みで選択しましょう!

  • 価格 150〜250円
  • カロリー 80〜200kcal
  • タンパク質 15〜25g

プロテインバー

飲むタイプとは違い、咀嚼が必要なので満足感を得やすい代わりにナッツ類や穀物類が含まれる事が多いため糖質、脂質どちらもやや高めです。

そのためダイエット中の人には、手軽にタンパク質補給というよりは置き換え食として使う方がオススメです。

また、筋肉を大きくしたいバルクアップ中の人にもオススメです。

様々なメーカーから様々な味やバリエーションが販売されているため栄養成分表示の確認をしっかり行わないとカロリー取りすぎや、脂質取りすぎなどになってしまうので注意が必要です。

  • 価格 120〜400円
  • カロリー 120〜220kcal
  • タンパク質 10〜20g

鯖缶

超高タンパクかつ高脂質で主に糖質制限(ケトジェニックダイエット)中や、バルクアップの方に活用されています。

また、鯖に含まれるEPAとDHAはオメガ3系脂肪酸といい必須脂肪酸(体内では生成できない為体外から摂取する必要のある脂質のこと)の一種です。

血中の悪玉コレステロールの値を低くする働きがあり血管系の病気を防ぎやすくする働きがある為ダイエットやトレーニングに関係なくオススメです。

  • 価格 150〜300円
  • カロリー 400kcal前後
  • タンパク質 25〜40g

関連記事

【油は敵じゃない!】カラダに良い「油」を適切な量で!

ゆで卵

ランチにもう少しボリュームを足したい時や小腹が空いた時のおやつなどにオススメの高タンパク質商品です。

卵といえばダイエットの定番というイメージがありますが意外と脂質が高いので食べ過ぎには注意です。

  • 価格 75〜90円
  • カロリー 65〜80kcal
  • タンパク質 5〜7g

コンビニ食メリット・デメリット

メリットと言えば上述の通り調理が必要ない、すぐ買えるなどに加えて何より栄養成分表示が全ての商品に付いていてカロリーや栄養素の計算に困らない点です。

デメリットは自炊に比べると金額が高くなってしまうことです。

時間が大幅に節約できるのは生活していくなかでとても大きい利点ですね。

 

まとめ

ダイエットを成功させる上で最も大切なことは結果が出るまで継続できる方法を選択することです。

断食や無理な糖質制限は短期間で爆発的な効果を得ることができますが、長く続けられる人が少なくリバウンドすることも多々あります。

日々の生活でできるだけ簡単にわかりやすくダイエットを行うことで習慣化する事ができ、結果が徐々に出てくるとよりモチベーションも上がるという好循環にすることができます。

その為にコンビニの高タンパク食をうまく使うことは良い選択肢の1つとなると思います!

コンビニ食を上手に使ってダイエットを成功させましょう!!

またバランスのよく栄養をとることは非常に重要ですのでこちらの記事もご参照ください。

食事の基本

ダイエット中は禁物、高カロリーな食べ物

プロテインのオススメ情報!

健康やダイエットなど体に気を使っている方、トレーニングをしている方の強い味方のプロテイン。

最後にTHE BUILD MEDIA編集部がおすすめするプロテイン情報をご紹介いたします。

プロボディビルダー横川尚隆氏監修のWPIプロテイン!

THE BUILD / ザ・ビルド | WPIプロテイン【公式ECサイト】 – THE BUILD(ザ ビルド)【公式】

横川尚隆氏監修 -本物のWPIプロテイン- THE BUILDが、目指したのは「飲まないといけない」ではなく「飲みたい」プロテイン。
トレーニング後に欲しくなる甘いフレーバーと、WPIプロテインの中でも手の届きやすい価格にこだわった商品です。

WPIプロテインのメリット

・タンパク質の純度
WPIプロテインはWPCプロテインに比べ、タンパク質の純度が高く、低糖質・低脂質に作られています。THE BUILDもWPIプロテインに分類され、効率よくタンパク質を摂取することができます。
・お腹がゆるくなる方も安心
WPIプロテインは、タンパク質の純度が徹底して高められています。乳糖もほとんど含んでいないことから、お腹を下しやすい体質の方にも飲んでいただけます

WPIプロテインのデメリット

・WPCに比べ比較的 “高価”
WPIプロテインは、WPCにさらにもう一手間かけ、タンパク質の純度高めたのがWPIです。そのため、WPCプロテインに比べ比較的価格が高くなる傾向にあります。

お店で売られている一般的なプロテインは、WPCプロテインが多くタンパク質の純度が変わりますが価格が安いです。


「THE BUILD」まるで乾杯するかのように、自分にご褒美をあげるかのように飲んでいただければと思います。

購入はこちらから

 

投稿者プロフィール

THE BUIILD Media 編集部
●記事作成
THE BUILD MEDIA編集部

●監修
・横川 尚隆(ヨコカワ ナオタカ)
・パーソナルジムトレーナー
・プロスポーツ選手等

※記事により監修者が異なります。